大阪 高津宮 男根女陰

大阪唯一のアレが、谷町9丁目付近にあります。

高津宮の奥。
階段を降りて、一段と静かになった所。

▲キタ〜〜〜〜 陰陽石だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
陰陽石とは、陰=女、陽=男を模した石。
つまり、女陰と男根を模した石のことをいいます。
人工的に彫ったものもありますが、古くから残る物の多くは自然石です。
それっぽい形をしているものを、これはきっと神様が宿っているものだと
現代まで祭っているのですね。
さあ、高津宮の陰陽石はどんな感じなんでしょうか?
ご覧下さい!

 

▲男根。。。?

ちょっと、ずんぐりむっくり形の男根様です。
でも、立派なカリは見てとれるので、先細り根元太めの男根様なんでしょうか。

さあでは、女陰の方はどうでしょうか。

 

▲おおっ!
▲パックリご開帳だあ〜〜〜〜〜〜〜!!
これは見事な女陰さまです!中心の穴の周りに、何層にも別れた石。
まるで小陰唇と大陰唇のようです。
これを女陰と言わずになんと言おうか!
いや〜、大阪でも、いい陰陽石が観れるんだねぇ〜。
ほくほく。
帰り道、道ばたの石。
これの説明はなかったのですが、女陰っぽくないですか?

 

▲心の目でみると、なんでも女陰と男根だ!

高津宮

542-0072 大阪府大阪市中央区高津1丁目1−29
http://goo.gl/maps/fSR4o

2 件のコメント

  • 記事楽しく興味深く拝見いたしました 私儀 15年ほど前カメラのテストと採石を兼ね河原で遊び 半分埋もれた石に目を留め掘り出したところ見事な陰状で 人を頼んで持ち帰り 座して視線が届く猫の額に飾っておりますが公開はして居りません 宜しかったら お仲間に入れて貰えませんか?(幅約70センチ奥行き35センチオニギリ形重量約75Kg)

  • こんにちわ!まさかこんなブログにコメントがつくと思っていませんでした。ありがとうございます。
    75kgのを持って帰ったなんて、よっぽどの陰形なのか、とてもとてもとても気になっております。良かったら今度お写真撮りに行かせてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA