【長崎】秋の味覚、フルーツバス停狩りへと出かけましょう

長崎から佐賀へ向かう海沿いの国道を走っていると、何やらカラフルな物体が見えてくる。
フルーツバス停だ。



小長井駅 フルーツバス停

場所は、小長井駅付近。
その数、全5種類16基。
きっかけは1990年に開催された長崎旅博覧会。小長井町が訪れる人たちの心を和ませるために、当時の小長井町が整備したという。

少しリアルに再現されている。良くできていると思いながら写真を撮る。
グリム童話「シンデレラ」に登場する「カボチャの馬車」がモデルなんだとか。

ただ、バス停の横を自転車に乗った学生が走り抜けていったり、
中でおばあちゃんがバスを待っていたり。
その光景は、おとぎ話のように幻想的というより、果物畑を眺めているような牧歌的な感じがある。

豊かな有明海の青との対比がまた良い。

この時はちょうど台風後で、それが原因かはわからなかったがこんな姿も見ることができた。

そう、果物だって、メンテナンスは重要なのである。

フルーツバス停
〒859-0165 長崎県諫早市小長井町小川原浦
小長井駅付近