【シンガポール】シンガポール最大の大仏に会いに行く【珍寺】

シンガポールの、リトルインディア。寺院が沢山並ぶこのあたりに、実は大仏さまがいるんです。

その大仏が鎮座しているのはこちらの中。シャカムニブッダガヤ寺院(千燈寺院)です。

多民族国家であるシンガポールは、様々な宗教が融合しています。こちらも、タイ仏教と中国仏教が合わさったものだそうです。
宗教がひとつあるだけでも凄いエネルギーがあるのに、それがふたつ混ざると独自の世界観が生まれさらに面白くなりますよね。この建物もすでにユニークです。

いい感じの謎モチーフの壁面。いい感じの目のイッチャッたトラが左右に一体づつ。いい感じですね。こういうダイナミックな造形が大好きです。

さぁ、中に入ってみましょう。

おお…!
これが…
シンガポールナイズの大仏さま…!

黄色〜真っ黄色〜!!
という色の感想は置いておいて、鮮やかな衣装を纏った大仏さまです。薄い金色の堂内で、気高いながらも優しい存在感を放っています。

この大仏さま、重さが300t、高さが15mあるそうです。そう、これって東大寺の奈良の大仏と同じ高さなんです。

お顔を見上げます。高い鼻、切れ長の目、よく見るとイケメンです。
なんとなくですが、日本の大仏って平たい顔立ちが多くて、外国の大仏さまってハッキリした顔立ちが多いですよね。これって、まぁ、そういうことですよね。

大仏の裏には空洞があり、これまた美しい涅槃仏がいたのですが、残念ながら写真NG!

でも周りにはいい感じの仏像がいっぱい。


静かな空間です。この日は歩き回って疲れていたので、思っていたよりも長い時間ここでボンヤリしてしまいました。

ふと大仏の横を見ると、ネコが寝ています。

大仏の夢でも見てるんでしょうか。

シャカムニ•ブッダガヤ寺院(千燈寺院)

366 Race Course Road
8:00-16:45